ぎっくり腰

こんなぎっくり腰の症状にお困りではないですか?

  • 急な痛みが走って、動けなくなった
  • 力がはいらず、踏ん張ることや、身体を伸ばすことができない
  • 動きはじめに「ピキンッ」という鋭い痛みや、背中、お腹が攣る(つる)ような感覚がある
  • 我慢出来ない痛みではないが、動きづらく、立ち仕事がつらい
日常生活に支障のない身体へ寝込ませない施術を目指します。

 名古屋市中川区のマリカ鍼灸接骨院のぎっくり腰施術は、いち早く安静状態からの脱出を目指します。
立てない!腰が伸ばせない!動けない!から初回で自力で動かせる身体を取り戻します。

ぎっくり腰になった直後の方へ【気を付ける注意点】

 反動をつけて立つなど、無理に動くことは避けてください。無茶な動きは、腰椎に負担をかけ、症状の悪化、ヘルニアなどの悪化を招いてしまいます。
 まず、落ち着いて楽な姿勢を取り、大きくゆっくり息を吐いて深い呼吸をしましょう。 すると、痛めた周辺の筋肉の硬直が緩んで、多少、動きやすくなります。身体の状態が分からないうちは、必ず手で支える、つかまり立ちなど、腰への負担を腕や手の力で軽減して動くようにしてください。
 強く腰が痛む、悪化する場合は、早めのご相談をおすすめします。

ぎっくり腰はどれだけ早期に、腰の周りの柔軟性を取り戻せるかで、改善スピードが変わります。

マリカ鍼灸接骨院では、 患者さんの ぎっくり腰の症状を「寝込ませない」「痛みを軽減しつつ、動いても負担にならない」状態を作ることを最優先にぎっくり腰施術を提供しています。

 ぎっくり腰はいかに早く、適切な施術が行えるかで、痛みと症状の悪化の可能性がグッと低くなります。
 早期の対応は、継続回数も少なめに済む傾向があるので、ぎっくり腰は我慢せずに受傷後は、早めにご相談下さい。

当院は入口の目のまえに車が止められます。段差無く入れるぎっくり腰には便利な院です。予約制ということもあり、待たずに受けられますので、まずは、お電話でご確認ください。

当院は予約優先制となっております。お電話でご連絡下さい。

なぜ、 マリカ鍼灸整骨院は、 ぎっくり腰改善に自信があるのか?

 あまり、説明されている整体接骨院が少ないのですが、慢性などの腰痛とぎっくり腰などの急性腰痛では、改善のアプローチが全く異なります。

 患者さんの状態を的確に判断して、筋肉損傷の可能性を一つ一つ確認し施術する手法は、強い痛みを改善させることに高い効果が期待できます。

ぎっくり腰の症状の原因

 ぎっくり腰は、「腰椎ねん挫」と「筋肉、筋膜の炎症」、つまり、腰部の筋肉に損傷、炎症が起こり、その部分に負荷がかかることで痛みを生じます。

 ぎっくり腰直後の状態は、

  • 損傷した筋肉で腰にかかる負担を支えられない
  • 腰の筋肉で支えていた負担を、背中、お腹、ふともも等周囲の筋肉で急に支えびっくりして硬直、柔軟性を失ってしまった

という、腰と腰を支える筋肉が正常に働いていない状態にあるわけです 。
 力が入らない、立ち上がれないという症状も、周囲の筋肉の硬直や曲げ伸ばしがうまくできない状態で引き起こされます。

この状態で無理に動くと、背骨に負担がかかり「ヘルニア」「すべり症」と重症化しやすいのです。

ぎっくり腰改善の考え方

 ぎっくり腰を引き起こす原因として、「身体・骨盤の歪み」は原因の一つであるとは思いますが、まず、一番の痛みの原因は、筋肉靭帯の損傷です。
 ここを無視して、「歪み」を治しても、損傷の痛みでまた歪むだけです。といったように、改善する順序があると考えています。

 中川区マリカ鍼灸接骨院のぎっくり腰、急性腰痛施術は、

  • 強い痛みを軽減させる
  • 周囲の筋肉の異常を解消することで、日常生活ができる状態にいち早くさせる
  • 損傷した筋肉、靭帯の炎症、腫れの回復を促進させる

これを最優先とすることで、ぎっくり腰で寝込ませない身体まで回復させる。普段の日常生活をしても、腰痛を悪化させない。

 この段階まで改善させることがぎっくり腰施術の第一の目標です。
その後、慢性腰痛や抱えている身体の歪みを改善し、根本から改善を目指します。

マリカ鍼灸接骨院のぎっくり腰施術

 中川区は工場やサービス業も多く、立ち仕事や作業で多少のぎっくり腰でも無理をしがちの方が多いように思います。とはいえ、なかなか仕事も休めない。
そんな要望にお応えして、当院のぎっくり腰施術は、「まず、動ける身体にする」を最優先した施術を提供しています。

  ぎっくり腰や急性腰痛は、「筋肉、じん帯の損傷」と「痛めた筋肉を支える筋肉の異常硬直」への対応が重要と考え、より負担が少なく動けるように「全身の筋肉で腰と動きを支えられる身体」を取り戻すことを、下記の施術を組み合わせて、提供いたします。

電気療法 (柔軟性への対応)

低周波電気施術

 当院の低周波電気療法は、広範囲の筋肉を電気刺激で動かし、「筋硬直の緩和」「血行促進」を促す目的で行う、整体・手技施術を高める目的で行います。

筋肉の炎症、腫れを改善(はり施術、特殊電気施術)

ハリ、特殊電気施術

 腰部の状態を見て、急性の症状は筋肉に腫れ、炎症が生じている場合には、炎症を抑え、早期改善に役立つ施術が鍼灸と特殊な電気による施術を提案させていただくことがあります。
 これはねんざや挫傷など、強く痛む場合、部分的な血液循環の活性による自然治癒力の促進を促す施術です。

(※はりが怖い、苦手という方もいらっしゃるので、必ずご説明、ご納得してからの施術となります。)

損傷周辺の筋肉を緩める整体施術

整体施術

 ぎっくり腰直後からでも可能な整体施術です。ぎっくり腰受傷直後ということもあり、腰部を強く揉む、ほぐすという施術は行いません。しかし、筋肉、関節の特性を活かし、緩めて各関節、身体の可動域を広げるスポーツ医学に基づく整体法です。

 腰だけでなく、背中、お腹、お尻、ふとももといった腰を支える筋肉を緩めて、バランスよく改善する整体方法です。筋肉・筋膜・骨格を整えつつ、柔軟性を取り戻すことで腰痛の負荷を抑え、悪化を防ぐことを目的とします。

(※一部、息を吸う吐くといった呼吸を指導させていただくことがあります。)

自分の力で関節の可動域を広げ整えるストレッチ療法

 ぎっくり腰は腰部の筋肉の損傷から、腰椎への影響も考え、患者さん自身の筋力で無理なく腰椎の正しい可動域を修正するストレッチ療法を行います。
 ぎっくり腰で怖いのは慢性化です。痛みや筋肉の硬直をそのままにして、腰の柔軟性や可動域が狭くなり、日常運動の負荷でさえ腰痛を引き起こしてしまう身体になってしまうことです。マリカ鍼灸接骨院では、そうならないよう、正しいストレッチで健康な腰の機能を取り戻すことも施術に取り入れています。

(※症状、状態を見つつ施術者がサポートします。)

再発防止のための、日常生活注意指導

日常生活指導

 横になるのもいたい。起き上がる、立ち上がる時に強く痛む。そんな日常生活での強い痛みは、「これ以上は、身体を痛める」という身体からのサインです。
 ぎっくり腰直後は、特に痛めた腰に負担をかけない行動をしてもらうことが大事です。強い痛みがぶり返さないように、あなたの痛みの状態を見たうえで、つかまり立ちや痛みのない寝方、コルセットの付け方などを指導も行っています。

痛みや運動障害で、動けない状態で寝込んでしまうと、腰を支える筋肉を衰えを招き、慢性腰痛やぎっくり腰の再発しやすい身体になってしまう。

  1. 周囲の筋肉の硬直をその場で緩め、腰を支えられるようにする
  2. 緩めるだけでなく、自身の筋肉関節を動かせるように可動範囲を広げる
  3. 強い痛みははりや特殊電気施術で安静にしつつ改善を行う

痛みと運動障害の最優先で取り除き、安静期間を少なくすることを考えたマリカ鍼灸接骨院の「ぎっくり腰施術」です。

痛み不安症状、大丈夫です。気になる痛みをあきらめないで、すべてご相談ください。

ご予約、ご相談は、
お電話かLINEメッセージからご連絡ください。

当院は、予約優先制となっております。お電話、LINEメッセージからご連絡いただくと、ご予約、空いている時間帯をご連絡させていただくことができます。

マリカ鍼灸接骨院営業時間
〒454-0927
名古屋市中川区打中1-6
サンライトマンション東棟1-c